どうやらOpenPNE3.4のインストールが出来たみたい。

少々、手間取りましたが表題まで成功したようです。
まだ、いろいろ操作してみて検証をする必要もありますが、どうやら大丈夫なようです。
これ系の作業は久しぶりだったので、途中で投げてしまうかと思いましたが、我ながら、時間もないのに良くやるもんだと関心しました。
このブログを載せているヘテムル(heteml)さんのサービスにもう一個ドメイン(http://metarial.com)を取って、更にサブドメインを切り、その中にクローズドなSNSの構築を図りました。いろいろ、試行錯誤もありましたが、あらましをレポートします。
1、ヘテムルのコンパネでSSH設定をして、ターミナルから操作できる様にする。
2、OpenPNEのパッケージ(zip)をDLする。ローカルでもサーバー上にでもよい。
3、OpenPNEのパッケージをターミナルからサーバー上で解凍する。【Mac上で解凍してアップしたら失敗しました。】
4、ヘテムルのコンパネでデータベースを作成する。
5、ヘテムルはそのままではPHP4で動作してしまうので、PHP5が動作する様に設定する。”.htaccess “にその旨追加するのですが、ヘテムルサービスサイト内に案内があります。
6、ターミナルに”$ php5 symfony openpne:install”と打って、データーベース設定の打ち込みをして、インストールが開始。”Warring”が出なければ、無事終了です。
7、初期ユーザーや管理ユーザーでログインして動作確認。(システム内の”web”ディレクトリの名前は変更できますが、”sns”という名前にするとSNSコンパネ内の”sns設定”にアクセスできなくなります。)
8、”RewriteBase”の設定ってどうしたら良いのか、まだ判りません。(今のところ大丈夫そうなので放っておきます。)
9、”cron”ファイルのパーミッションだけはターミナルから設定して、仕込みはヘテムルのコンパネからできます。
以上、現況まで報告でした。
細かい設定やらデザインを入れ込む予定ですので、その都度レポートします。(カテゴリを立てようかどうか迷い中。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください