外から起動が解決。

うまくいかなかったので、なりふり構わずAppleのコミュニティに質問を投げてみた。
「Macbook Pro Late 2016が外部記憶装置から起動できません。」と、
そしたらサクサクと返事をいただき…、はに様、ni_ki様へ感謝。うまくいかなかったのは、同じOSのバージョンでも汎用と新機能対応特別版があってビルド番号が異なるからでした。要するに新しいマックを使って一から起動ドライブを作る必要があったのです。以前からよくあったことをすっかり忘れていたことに気がつきました。初歩的なミスというか最近は「新製品に飛びつく」という元気?がなかったことを知らされた感じでした。
で、少しタイムラグがあったのですが、新しいMacbook Pro(13inch Late 2016)から直接にドライブをフォーマットしてシステムインストールを行って起動ディスクを作る作業をいたしました。結果、上手くいったのですが一筋縄ではありませんでした。
利用していた”3Q-LEVO Type-C USB ハブ”アダプタに直接および関節接続したUSB3.0ドライブへのインストールは3度ほど試したのですが失敗しました。システムファイルはダウンロードされるようなので手作業でなんとかならないかと思ったのですが無理でした。(インルトーラーを起動する程度のことしかしませんでしたが…)この時はお先真っ暗感が絶大でした。
でもって、ふと、たまたま所有していたBUFFALOのポータブルBDドライブ(BRXL-PT6U3-WHC)に付属していたType-CからType-Aへの変換ケーブル(ドライブと一緒に写っているやつ)で接続して試したところ、なんと、システムのインストールが完了おううう!

トライブとアダプタ
トライブとアダプタ
おかげさまで外部記憶装置からの起動が行えました。メンテナンスアプリケーションも一通り利用できました。
どうやらアダプタを選ぶようですが、とりあえず問題を解決できました。ふう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.