悲しいのは、釣られたのを気にも止めず仕事に追われたこと。

Lineアカウントが乗っ取られて一週間が経ちました。ご迷惑をおかけした方々には重ねてお詫び申しあげます。すみませんでした。
あの日は深夜までパスワード変更大会でした。(忙しくてクタクタだったのに…、)全く同じパターンのアカウントとパスワードはほとんどなかったのですが、よせばいいのに自分が余計なアカウトやパスワードまで打っている可能性もあったので、ドメスティックなもの以外は新しいパスワードの組み合わせにほとんど全てを変更しました。

あとからよく考えてみたら、仕事の最中にFacebookからの友達リクエストを装った英語のメールがあったことを思い出しました。Lineのアカウントに利用していたサブのメールアドレスに対して送られてきたのです。
このメールアドレスは個人契約のホスティングサービスで作っているメールアドレスなので、一般のプロバイダーのメールアドレスサービスと違って全くの自力管理になっておりました。ま、素っ裸だったのもいけなかったです。

で、その英語のリクエストメールには自分の知っている名前が記述してあったのです。思わずクリック。サブのメールアカウントにパスワードを入力する画面が出てきてサラッとパスワードを打ってしまった次第です。もちろんログインできるわけがない。アカウントが違うもんね。そこで気がつけば良いのに、別途Facebookにログインして友人のリクエストを探す始末。そこで気がつけば良いのに、がっかりして仕事に戻り、3日ほどして乗っ取られるまで忘却の彼方に…。そうです、すっきり釣られました。

おかげさまで、パスワード周りのセキュリティーについては一通り勉強させていただきました。後日、便利なアプリとかも紹介させていただこうと思います。
最後に一つだけ、パスワードの管理は必要ですが、バレやすいものでもなければ頻繁に変える必要はありません。今回のようなことで変だなと気が付いてからで十分です。気が付かなかったから乗っ取られちゃったんですけどね。

「悲しいのは、釣られたのを気にも止めず仕事に追われたこと。」への2件のフィードバック

  1. ひぇー、危ないところでしたね。僕のLineにも「ちょっと買い物頼んでいい?」が来てましたが、MARUHIROさんからそんな依頼が来るはずがないので、相手を間違えてぼくにお使いを頼むメッセージを送ったものと無視しておきました。悪い奴がいるものですが、自分に降りかかるまで、そんなことは他人事と思っていますものね。とにかく被害がなかったのは何よりです。ナイーブなLineユーザーなら引っかかるのでしょうね。ぼくもアドバイスに従って、気を付けます。

    1. ご迷惑おかけしました。Lineは全く利用してなかったので誰も信じてくれなかったようでした。お恥ずかしい限りですみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください