サイトシステムの互換性をもちょっと向上させました。

ハッスルマウスのサイトでは変化はないかと思います。
サイトシステムにおけるMACのIEでの互換性を更に向上しました。
私の勉強不足の感もありますが、MACのIEで”setInterval”や”setTimeout”が効かなくなる現象が発生して、その解決にえらい時間を喰ってしまいました。
一週間近い奮闘の結果、HTMLのヘッダ情報に問題があることが判りました。
<head>
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=utf-8″ />
<meta http-equiv=”Content-Script-Type” content=”text/javascript” />
<meta http-equiv=”Content-Style-Type” content=”text/css” />
<title>タイトル</title>
</head>
とすれば問題ないのですが、content=”text/javascript”の中に”charset”が入っていると問題が発生します。
性質の悪いことに、コメント化してもその文字列が存在するだけでだめなのです。
おかげで原因の究明に時間がかかった次第です。
調べてみたらcontent=”text/javascript”やcontent=”text/css”に”charset”に指定を入れる必要はないようなので、外した状態を利用するようにいたしました。
もちろん、MACのIEがなくなれば、その必要はなくなります。
まったくもってやっかいなお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください